東京都北区にある創業70年の印刷会社。お気軽にお問い合わせください。

「印刷会社の事例から学べる生産改善の手法」と題してエコフォーラムを開催

6月26日に環境保護印刷推進協議会(E3PA)主催のエコフォーラムで、奥村印刷(株)の現在行っている、電力使用量の削減を目指す改善努力は、生産管理の徹底やエネルギーの有効活用を通じて、大幅なコストダウンと生産性の向上、しいては利益の拡大という企業経営上のメリットをもたらすのとして注目されています。
そこで今回は奥村印刷(株)が実施している電力量の「見える化」と現在の電力削減の手法と、生産改善の手法の内容を講演会を通じて、藤井淳課長とコンサルタントのミノリソリューション(株)の杉井康之社長から紹介されました。講演会の内容から、最終的には22%の電力が削減されました。電力値上げが17%のこの時期に当社が行っている事例発表は、沢山の参加者に今後の印刷業界の経営上の手法の有り方について強いイメージを提供したようです。

内容は日本印刷新聞社の8月13日発行の新聞に掲載されておりますので詳しくは新聞をご覧下さい。

This entry was posted in Topics. Bookmark the permalink. Both comments and trackbacks are currently closed.